2022年審査委員紹介
フィルムクラフト部門
Juries-Film Craft

フィルムクラフト部門 審査委員長

多田 真穂Maho Tada
  • 電通クリエーティブX・Dentsu Craft Tokyo
    執行役員・エグゼクティブプロデューサー
プロフィール
1991年 電通プロックス(当時の名称)入社。プロダクションマネージャーを経てプロデューサーとなり、CMを中心に、映画・ドラマ・MV・ショートフィルム・テレビ番組など、多種多様な映像制作に携わる。
ACC・CANNES・ADFEST他受賞。
Suntory オールフリー/オランジーナ/「話そう。」/飲食店支援キャンペーン等担当。

2015年 電通クリエーティブX 執行役員就任をきっかけに、映像制作から拡張したプロダクションの新しい未来像を思い描き、「Dentsu Craft Tokyo」を立ち上げる。
「Dentsu Craft Tokyo」では、テクノロジー・デザイン・プロデュース、各領域のトップクリエイターが会社の枠組みを越えて中目黒オフィスに同居し共創し、着想力と実現力の両方を強みに、常に新しいソリューションにチャレンジしている。
「世の中の人にちゃんと見てもらえる、心を動かすことができる、アクションにつなげることができる、そんなコンテンツを制作したい、制作できる人やチームを育てたい、そんな会社でありたい。」 私は、毎日そればかりを考えています。
審査委員長メッセージ
広告領域の変化に伴い、「クリエイティビティ」の概念が多様化している今、従来の意味の「クリエイティビティ」の評価に対して、私は昔より距離を感じてしまっています。必要以上に昔を懐かしむ必要はありませんが、弊社や私の周りの制作スタッフの「感じ」を正直に申し上げますと、ACC 賞へのモチベーションが年々薄れてきているようではありまして、そのことはとても残念に思います。
「日本最大級のクリエイティブアワードであるACC賞は、制作に携わる全員が目指すものでなければならない。」そのような思いから今年、「フィルムクラフト部門」が新設されました。
また、これまでフィルム部門にて審査されていました「クラフト賞」である制作スタッフ他の個人賞につきましては、そのまま「フィルムクラフト部門」にて引き継ぎ、作品賞とは別に、個人にも特化して贈賞させていただければと考えています。
さらに申し上げますと、まず今年はフィルム(動画)クラフト部門から立ち上げ、いずれは他領域のクラフト部門についても検討していこうと、ACCアワード改革委員会の皆様と話し合いを続けています。
私はこの度、誠に僭越ながら「フィルムクラフト部門」審査委員長を拝命致しました。私は、「クラフト」のクリエイティビティに特化して評価することは、必ず制作スタッフの技術向上や人材育成の未来につながると信じており、少しでもそれに貢献できればと考えています。少なくとも弊社の若手社員には、もっとACC賞を目指してほしいと思いますし、受賞者に嫉妬してほしいと思います。
審査委員は、様々な制作技術スタッフの皆様にお願いできればと考えています。すごく豪華なオールスタッフ打合せをプロデューサーとして仕切らせていただくスタンスで、審査会に臨めればと思います。各ポジションのプロフェッショナルの皆様と制作クリエイティブについてディスカッションできることが、今から本当に楽しみです。

フィルムクラフト部門 審査委員

COMING SOON
PAGE TOP