メディアクリエイティブ部門

メディアクリエイティブ部門 審査委員長

小山 薫堂 Kundo Koyama
所属(会社)
役職(肩書き)
放送作家/脚本家
京都造形芸術大学副学長
プロフィール

1964年熊本県天草市生まれ。日本大学藝術学部放送学科在籍中に放送作家としての活動を開始。「カノッサの屈辱」「東京ワンダーホテル」「ニューデザインパラダイス」など、斬新な番組を数多く企画。「料理の鉄人」(1995年)「トリセツ」(2003年)は国際エミー賞に入賞した。

2008年公開の「おくりびと」で脚本を担当し、第60回読売文学賞戯曲・シナリオ部門賞、第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語映画賞を受賞。

現在テレビでは、「ZIP!」(日本テレビ)や「小山薫堂 東京会議」(BSフジ)などに携わり、テレビや映画以外でも、ライフスタイル誌のエッセイ連載、小説、絵本翻訳、作詞など、幅広い執筆活動を展開。

著書に、絵本「まってる。」「いのちのかぞえかた」(共に千倉書房)、「考えないヒント」「もったいない主義」(共に幻冬舎新書)、「恋する日本語」(幻冬舎文庫)、「ライカと歩く京都」(PHP研究所)などがある。

その他、熊本県地域プロジェクトアドバイザー、下鴨茶寮主人、京都館館長、京都観光おもてなし大使、文化庁「日本遺産審査委員会」委員など、多くの政府・地域・企業のアドバイザーを務める。

審査委員長メッセージ

人々のメディア接触の環境が劇的に変化しています。
そんな中で、テレビやラジオ、その他様々なメディアビジネスで挑戦する皆さんを応援したいと考えています。

評価の対象は、CMや番組の質でなく、メディアの価値を活かして課題を解決する新しい仕掛けや取り組みです。
「メディア×アイデア」の独自性・独創性のクリエイティビティを重視します。

メディアビジネスに関わる皆さんの新しいチャレンジに光を当て、新しい時代の新しいメディアの姿を皆さんと一緒に見つけたいと思います。

メディアクリエイティブ部門 審査委員

佐藤 宏 Hiroshi Sato
所属(会社)
広島テレビ放送
役職(肩書き)
報道制作局長
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事
主なドキュメンタリープロデュース作品に「せんせーできたっ!~カリスマ校長の百ます革命~」(2004)、「被爆カルテ~ある町医者と空白の10年」(2006)、「ピカがうつる~女性被爆者と空白の10年~」(2007)、「伝承者~あの日を知らない語り部たち~」(2012)、「無言の語り部~ヒバク遺品は訴える~」(2014)、「山津波 宅地開発の死角~広島市土砂災害の教訓~」(2014)、「街角の凶器~樹木に潜む危険~」(2014)、「平和宣言~ヒロシマは語る~」(2015)以上『NNNドキュメント』。
映画『いしぶみ~忘れない。あなたたちのことを~』(是枝裕和監督、綾瀬はるか出演)(2015)
プロフィール
1991年、早稲田大学卒業後、広島テレビ放送入社。記者、カメラマン、NNNニューヨーク特派員、報道部長、制作部長、営業部長、東京支社営業部長などを歴任。2016年11月から報道制作局長。
嶋田 三四郎 Sanshiro Shimada
所属(会社)
博報堂DYメディアパートナーズ
役職(肩書き)
エクゼクティブマネージャー / メディアコンテンツプロデューサー
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】Cannes Lions2007メディア部門(ブロンズ)
ADFEST 2007サイバー部門(ゴールド)

【審査委員歴】ADFEST 2017 MEDIA LOTUS & EFFECTIVE LOTUS

プロフィール
メディア&コンテンツの特性を活かしたクリエイティビティを軸に、統合コミュニケーションプロデュース、テレビ番組、ラジオ番組、イベント等のコンテンツプロデュースを手掛けるメディア・コンテンツプロデューサー。
立本 洋之 Hiroyuki Tachimoto
所属(会社)
フジテレビジョン
役職(肩書き)
編成局次長
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】
2005年日本民間放送連盟賞・テレビエンターテインメント番組部門最優秀賞
BSフジ「HIT SONG MAKERS ~栄光のJ-POP伝説~ 筒美京平編」

【主な作品・担当番組】
LUNA SEA, THE YELLOW MONKEY, 吉井和哉, Acid Black Cherryなど音楽ライブDVD作品・PV
BSフジ「カンニングのDAI安☆吉日!」「小山薫堂・東京会議」「辻井伸行 世界音楽紀行シリーズ」「HIT SONG MAKERS ~栄光のJ-POP伝説~シリーズ」「無意味良品」「Speak in Music」「ずっと好きな歌」「MUSIC:S」など

プロフィール
1990年京都大学工学部卒業後フジテレビ入社。
第二制作部、国際局を経て1994年~ロンドンFuji International Productionsへ異動、「BEAT UK」など音楽番組を中心に手掛ける。インターネット黎明期でもあり、フジテレビにまだオフィシャルサイトが無かった当時fujiint.co.ukというサイトを立ち上げ、フジテレビの音楽番組サイトやQUEENのオフィシャルページなどを開設。
2000年帰国、BSフジの開局に携わる。BSフジではデータ放送事業部、編成部を経て2010年~編成部長、2013年~編成局長兼部長。2016年7月、16年ぶりに地上に帰還。
谷口 洋一 Yoichi Taniguchi
所属(会社)
テレビ朝日
役職(肩書き)
営業局 メディアマーケティング部 部長
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】
2000年度 ギャラクシー賞奨励賞テレビ部門 「プロ野球ってナンだ!?」
2002年度 ギャラクシー賞奨励賞テレビ部門 「NANDA!?」

【その他経歴】
2017年 アドテック東京2017 アドバイザリーボードメンバー
2017年 アドバタイジングウィークアジア2017 スペシャルアドバイザリーボードメンバー

【主な担当番組】
AFCサッカーW杯アジア最終予選中継他、スポーツ中継全般
とんねるずのスポーツ王は俺だ!!
やべっちF.C.
Get Sports

プロフィール
1993年、全国朝日放送株式会社(現・株式会社テレビ朝日)入社。
スポーツ局にて、プロ野球・サッカー中継・番組等のディレクター・プロデューサーを歴任。
2008年に編成制作局に異動後、スポーツビッグプロジェクト担当部長、総合戦略部長を経て、2012年から編成部長に就任。地上波編成の責任者として、番組編成・企画全般に携わる。
2016年より営業局メディアマーケティング部長として、様々な企画セールス展開、AbemaTV等デジタルメディアのセールス戦略を統括。
村本 美知 Michi Muramoto
所属(会社)
アサツー ディ・ケイ
役職(肩書き)
コンテクストプランニング本部
リ・マーケティング局 局長
プロフィール

1997年より国内大手化粧品会社担当営業として、制作、調査、PR、店頭プロモーション、キャンペーン、サイト制作、雑誌などの業務に従事。その後、新聞雑誌営業推進局雑誌営業推進グループに所属し雑誌プランニングを、2004年からはクロスメディアに所属し“360°”クロスメディアプランニング、戦略的PR、メディアオーナーマーケティングなどに従事する。

2009年から2年間、米国ニューヨークでGroupMのメディアエージェンシー Maxus North Americaでデジタルプランニングなどのインターンシップを経て、2011年からは、海外デジタルプラットフォームの導入サポートやメディアオーナーの新規ビジネス開発、クライアント案件の戦略立案からアクティベーション施策までワンストップでのプランニングを手掛けた。2015年にはデジタルを中心とした統合コミュニケーション戦略立案・プランニング業務を担当した。

2016年、デジタル&データインサイトセンター DDI リ・マーケティング局長を経て、2017年1月から現職。ターゲットとブランドを繋ぐコンテクストを、メディア(コンテンツ)戦略も含んで一気通貫してプランニングする。

森川 亮 Akira Morikawa
所属(会社)
C Channel
役職(肩書き)
代表取締役
プロフィール
1989年筑波大学卒、日本テレビ入社。1999年、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程を修了しMBA取得。その後ソニーに入社。 2003年ハンゲームジャパン(現LINE株式会社)入社、07年社長。2015年3月、同社代表取締役社長を退任。同年4月、C Channel株式会社代表取締役に就任。
森田 太 Futoshi Morita
所属(会社)
TOKYO FM
役職(肩書き)
執行役員 編成局長 兼 グランド・ロック代表取締役
プロフィール
早稲田大学卒業後1992年4月にTOKYO FM入社。
95年にジャパニーズヒップホップ界の伝説的な草分け番組「ヒップホップナイトフライト」を立ち上げた後、99年には同局の番組「やまだひさしのラジアンリミテッド」をスタート。第37回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞受賞。「福山雅治のTALKING FM」、小林武史氏とのコラボレーションによる「ap bank Radio」、箭内道彦氏のラジオ「風とロック」など数々の話題性のある番組を創出し、2005年には中高生を中心に10代に圧倒的な支持を誇る番組「SCHOOL OF LOCK!」を誕生させる。同番組では第3回日本放送文化大賞ラジオ部門でグランプリ受賞。また「SCHOOL OF LOCK!」から派生した10代限定の夏フェス『閃光ライオット』『未確認フェスティバル』からは、多くの新人アーティストを排出。
2016年に9月には、TOKYO FM内にクリエイティヴ会社「GRAND LOCK」を設立。
ラジオというメディアを用いて全国の若者を扇動する立役者である。
湯川 昌明 Masaaki Yukawa
所属(会社)
電通
役職(肩書き)
ラジオテレビ局 局長補
プロフィール
1991年電通入社 テレビメディアを中心にタイムビジネス/スポットビジネス/コンテンツ企画ビジネスに従事。番組制作や映画など、映像を核としたコンテンツビジネスに携わる。
2007年動画配信ビジネスを共同出資で立ち上げ、取締役として出向。編成・製作・営業を担当し、テレビモニター上でのADVOD,SVOD,TVODの他eコマースビジネスに従事する。帰任後MCプランニング局でメディアプランニング業務を推進。現在は電通ラジオテレビ局でコンテンツ文脈を活用した広告設計とデータとデジタルビジネスのプロジェクトリーダーを務める。
和田 龍夫 Tatsuo Wada
所属(会社)
サントリーコミュニケーションズ
役職(肩書き)
執行役員 宣伝・デザイン本部 副本部長 兼 宣伝部長
プロフィール
1987年サントリー入社。宣伝・マーケティング担当として20数年にわたり活躍。2008年よりサントリー酒類宣伝部長に就任。角ハイボールやザ・プレミアム・モルツのムーブメントを仕掛ける。2011年には東日本大震災に際し、被災地の方々を勇気づけるべく、いち早く「歌のバトンリレー企画」(上を向いて歩こう)を実現させた。2014年、コミュニケーションブレンダーとして、サン・アドの専務取締役に就任。日本郵便年賀状キャンペーンのコミュニケーションブレンダーを務める。2016年4月より現職。
和田 直樹 Naoki Wada
所属(会社)
トヨタマーケティングジャパン
役職(肩書き)
メディアプランナー
プロフィール

1984年京都府生まれ。2007年入社。

入社以来一貫してトヨタのマーケティング領域に在籍し、企業・車種コミュニケーション戦略立案~メディアプランニング・バイイングまで販促企画業務全般に従事。

主な仕事に、「アクア・プリウス」をはじめとしたハイブリッドカー、「ReBORN(実写版ドラえもん『免許をとろう。』)・TOYOTOWN」キャンペーンなどを担当。

直近ではマス・デジタルを軸とした統合メディアプランニングに奮闘中。

日本マーケティング大賞。カンヌ国際広告祭金賞。JAA広告論文優秀賞など受賞。