フィルム部門

フィルム部門 審査委員長

澤本 嘉光 Sawamoto Yoshimitsu
所属(会社)
電通
役職(肩書き)
クリエーティブ・ボード / エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】クリエイター・オブ・ ザ・イヤー、TCC賞 グランプリ、ACCグランプリ、カンヌ国際広告祭銀賞、ADFEST(アジア太平洋広告祭)グランプリ、クリオ賞金賞・銀賞など

【審査委員歴】ACCラジオCM部門審査委員長、TCC賞、カンヌ、クリオ、アドフェストetc

プロフィール
1966年、長崎市生まれ。1990年、東京大学文学部国文科卒業、電通に入社。ソフトバンクモバイル「ホワイト家族」、東京ガス「ガス・パッ・ チョ!」、家庭教師のトライ「ハイジ」など次々と話題のテレビCMを制作し、乃木坂46、TMレボリューションなどのPVなども制作している。著書に小説「おとうさんは同級生」、小説「犬と私の 10の約束」(ペンネーム=サイトウアカリ。映画脚本も担当。)映画「ジャッジ!」の原作脚本。東方神起などの作詞も担当している。
審査委員長メッセージ
広告を広告する審査にしたいと思います。
まずは「ACCは気にしてないからあえて出品してないんだよ」なんていう人が
へそ曲がりか単に自信がない人に見えるような「審査して欲しい人に審査してもらえる審査会」を目指します。
クライテリアは「いいじゃん」。「広告っていいじゃん」と思える、というのを一個の定規にしたいです。
こんな素敵なもの作れていいじゃん、こんなにくだらないもの作っちゃっていいじゃん、こんなにもの売っちゃうなんていいじゃん、
こんな監督いるなんていいじゃん、このタレントこう使うなんていいじゃん、こんな人が従事してる広告って世界ってなんかいいじゃん、
なんでもいいので、いいじゃん、を探していければ。ま、同時に、ダメじゃん、も探すってことになるとは思うんですが。
褒められてるけど誰も見てないからダメじゃん、とか、まあこっちはいろいろ列挙しなくてもいいかなと。
なんにしろ、「広告」って、漢字の文字で見た印象よりちょっと楽しそうだぞ、なんかありそうだぞ、と思えるような結果を模索したいですし、きちんとそれを知らせていきたいと思います。
これをきっかけに、いろんな埋もれたり隠れたりしてるものが少しでも表に出て褒められるといいなと思いますし、今すでに褒められてるものでもまだいけるかもと優良誤認?してくれるといいかなと思います。
自信は作品につながるので。
あ、でも一番の目標は、すみません、楽しく審査することです。それが楽しい結果に繋がるので。気持ちって見えないけど伝染すると思ってます。

フィルム部門 審査委員

COMING SOON