マーケティング・エフェクティブネス部門

マーケティング・エフェクティブネス部門
審査委員長

矢野 絹子 Masako Yano
所属(会社)
KDDI
役職(肩書き)
コミュニケーション本部 宣伝部 部長
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】2016 56th ACC CM FESTIVALフィルム部門 Aカテゴリー 総務大臣賞/ACCグランプリ
2016 56th ACC CM FESTIVALマーケティング・エフェクティブネス部門 ACCゴールド

【審査委員歴】ACC CM FESTIVALマーケティング・エフェクティブネス部門 2015、2016審査委員

プロフィール
日本移動通信株式会社(IDO)入社。
KDDI株式会社発足以降、主にコンシューマ事業における料金施策やサービスの企画・開発を担当した後、2013年4月より現職。
auならびにKDDIに関するブランディングやコミュニケーション活動を担当。
審査委員長メッセージ
今回、審査委員長を拝命いたしました。昨年度までの審査方針を踏襲しつつ、お客さまの行動変化・メディアの多様化・クリエイティブの技術革新等を踏まえ、よりエフェクティブネスにこだわり、「効いた!」の進化・深化につながる賞にしたいと考えております。
評価ポイントは「マーケティング戦略」「クリエイティビティ」「成果」の3点で、「マーケティング戦略×クリエイティビティ」の効果がいかにインパクトある「成果」につながったかが肝になります。
審査はクリエイター・マーケッター・企業の宣伝責任者にお集まりいただき、さまざまな視点からじっくり議論してまいります。
昨年からエントリーの条件を緩和したこともあり、年々応募数も増えております。
規模の大小は問いませんので、「これは効いた!」という自信作のエントリーをお待ちしております。

マーケティング・エフェクティブネス部門
審査委員

COMING SOON