ラジオCM部門

ラジオCM部門 審査委員長

嶋 浩一郎 Koichiro Shima
所属(会社)
博報堂ケトル
役職(肩書き)
代表取締役社長
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【主なお仕事】 資生堂企業広告・J-WAVE企業広告・三越伊勢丹企業広告・本屋B&Bなどの経営・本屋大賞の運営・ラジオ番組「渋谷慶一郎と嶋浩一郎のラジオ第二外国語」(ラジオ日経)・雑誌「ケトル」など 著作「ブランドメディアの作り方」・「なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか」など多数

プロフィール
93年博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局で企業の情報戦略にたずさわる。01年朝日新聞社に出向。スターバックスコーヒー等で発売された「SEVEN」編集ディレクター。02-04年博報堂刊「広告」編集長。04年本屋大賞設立に参画。現在もNPO本屋大賞実行委員会理事として「本屋大賞」の運営を行う。06年博報堂ケトル設立。統合キャンペーンを多数手がけると同時に、雑誌「ケトル」編集長などコンテンツビジネスも展開。12年ブックコーディネータ内沼晋太郎と下北沢に本屋B&Bを開業。
審査委員長メッセージ

ラジオは可能性を秘めている。

聴取者とのエンゲージメントはとても深い。
ラジオは元祖ソーシャルメディアだ。
そして、デジタルとの親和性も高い。
スマホが受信機になって新しいリスナーも増えている。

そして、ラジオは
CMのつくり手にとって
チャレンジできるメディアだとも思う。

若い才能がラジオCMでいろんな挑戦ができる状況を
作っていきたいと思います。

ラジオが大好きなラジオ番組制作者、その喋り手、CMの制作者が集まって、
ラジオの未来を話し合う、
そんな審査を目指します。

ラジオCM部門 審査委員

COMING SOON