インタラクティブ部門

インタラクティブ部門 審査委員長

須田 和博 Suda Kazuhiro
所属(会社)
博報堂
役職(肩書き)
シニア・クリエイティブディレクター
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】1985年ぴあフィルムフェスティバル入賞、1999年ACC賞、2000年TCC新人賞。
2009年「ミクシィ年賀状」で、TIAAグランプリ受賞、カンヌ国際広告祭メディアライオン・ブロンズ受賞。
2013年「ロッテ・カフカ・泣きやみ動画」で、カンヌサイバーライオン・ブロンズ受賞。アジア太平洋広告祭2014で、モバイル・ロータス・ゴールド、サイバー・ロータス・シルバー受賞。
2014年「ライスコード」で、カンヌPRライオン・ゴールド、同アウトドア・ゴールド、アジア太平洋広告祭メディア・ロータス・グランデ、ロータス・ルーツ、APACエフィー・ゴールド、JACEイベントアワードなど、合計60冠以上を受賞。

【著書】「使ってもらえる 広告」アスキー新書

プロフィール
1967年新潟生まれ。1990年多摩美術大学卒、博報堂入社。AD、CMプラナーを経て、2005年インタラクティブ領域へ。2014年スダラボ発足。同ラボの第1号試作品「ライスコード」で、アジア太平洋広告祭にて、メディアロータス・グランデ、ロータス・ルーツ、はじめ合計7冠を得る。
審査委員長メッセージ

COMING SOON

インタラクティブ部門 審査委員

COMING SOON