2021年審査委員紹介
ラジオ&オーディオ広告部門
Juries-Radio & Audio

ラジオ&オーディオ広告部門 審査委員長

井村 光明 Mitsuaki Imura
  • 博報堂
    第三クリエイティブ局 クリエイティブディレクター
プロフィール
1968年広島県生まれ。東京大学農学部卒業後、1991年博報堂入社。
コピーライター・CMプラナーとして、永谷園「Jリーグカレー」、日本コカコーラ「ファンタ」、コンデナスト・ジャパン「GQ JAPAN」、MTI「ルナルナ」、福島県庁「ふくしまの恵み」、UHA味覚糖「さけるグミ」等の広告を制作。
ACC賞グランプリ、TCC賞グランプリ、ADC賞、カンヌライオンズフィルム部門シルバー等を受賞。
審査委員長メッセージ
音声配信サービスや音声SNS、この一年で音声メディアの存在感が一気に高まりました。
ステイホームが続く中、生の声で届けられる言葉には安心感があった。それだけでなく、今多くの人が耳を傾けるだけの音声サービスに、他のメディアに接する時とは違う、拘束されない自由さ、を感じているのではないでしょうか。
DXが進むにつれ音だけのコンテンツを選ぶ人が増えているという現象が起きている。これからラジオ&オーディオ広告部門はチャンスです!
音だけだからコストをかけず個のアイデアで勝負できる。その上、注目され、より広くクリエイティビティをアピールできる場になりつつあるのです。
それに伴い本年度よりBカテゴリーの範囲を拡大。ラジオCM以外のサウンドを主とした全てのエグゼキューションやコンテンツを対象にすることとしました。例えば、DJポリスのアナウンスから音声SNSなどプラットフォーム的サービスまで、音によるコミュニケーションの可能性を広げた事例を広くご応募いただけます。
広告クリエイターにとって最も自由なのがラジオ、というイメージを定着させたい。受賞作を通じ自由なイメージを発信する審査会にしたいと考えています。

ラジオ&オーディオ広告部門 審査委員

COMING SOON
PAGE TOP