2021年審査委員紹介
マーケティング・エフェクティブネス部門
Juries-Marketing Effectiveness

マーケティング・エフェクティブネス部門
審査委員長

鈴木 あき子 Akiko Suzuki
  • サントリースピリッツ
    執行役員 RTD・LS事業部長
プロフィール
1992年 サントリー入社。西東京支店、ビール事業部を経て、2001年 宣伝事業部配属。2015年 サントリースピリッツ宣伝部長、2018年 サントリーコミュニケーションズ宣伝部長、2020年1月より現職。
RTD(=Ready to drink。缶入りのカクテル・チューハイなど)と瓶リキュール・スピリッツカテゴリーを担当し、商品開発・生産から営業・宣伝まで、バリューチェーン全体をマネジメントする。
審査委員長メッセージ
昨年の審査会で印象的だったのは、企業やブランドのパーパスに基づいた、信念と覚悟が感じられる企画や、単発ではない息の長い取り組みが増えたということです。瞬間的に話題になることを是とするのではなく、一つ一つの取り組みを資産として積み重ねていく。不確実性の時代だからこそ、マーケティングはより本質に立ち返ろうとしているように感じました。
毎年審査会で巻き起こる「マーケティングとは何か」という議論に対し、昨年「お客様と製品・サービスをつなぐ、幸せな仕組みをつくること」と私見を述べました。だとしたら、持続可能であることが求められるのは考えてみれば必然です。そこで今年度は、より長期的なマーケィング施策を評価するサブカテゴリーを新設しました。鮮やかに今の空気を捉えて成果を出した最新のキャンペーンはもちろん、着実に長年継続している良キャンペーンも、ぜひ応募を検討頂けたらと思っています。

マーケティング・エフェクティブネス部門
審査委員

COMING SOON
PAGE TOP