2021年審査委員紹介
メディアクリエイティブ部門
Juries-Media Creative

メディアクリエイティブ部門 審査委員長

中谷 弥生 Yayoi Nakatani
  • TBSテレビ
    総合編成本部 DXビジネス局長
プロフィール
1992年TBS入社、朝の情報番組のAD(アシンスタントディレクター)・D(ディレクター)を経て、報道局政治部の記者として官邸や自民党等を担当。その後、メディアビジネス局で、テレビコンテンツや映画のキャンペーン・販促企画を手掛ける。その後、編成局編成部、営業局営業推進センター長、メディアビジネス局長を経て現職
審査委員長メッセージ
メディアクリエイティブ部門が新設されて今年で5年目。小山薫堂さん、箭内道彦さんという日本を代表するクリエイターの後に審査委員長を打診され、正直「どうして私が??」と思いました。ただ、ACCさんから「この賞はテレビを含めてメディアがもっと興味を持ち、積極的に関わって欲しい」との熱い思いを伺い、僭越ながら委員長をやらせて頂くことになりました。この賞は2年間審査をさせて頂きましたが、クライアントの皆様、広告会社さん、テレビ・ラジオ・デジタル・雑誌など媒体のメンバーと立場が異なる人々が、「メディア×アイデア」の独自性や、新しいチャレンジ、いわゆる広告の「仕掛け」を評価するものです。メディア側の人間としては、巧みな「仕掛け」や「アイデア」に毎年、本当に勉強させて頂いております。今年も皆さんが考え抜いた「仕掛け」を、各ジャンルの審査委員の皆さんと熱く議論していきたいと思っております。

メディアクリエイティブ部門 審査委員

COMING SOON
PAGE TOP