2021年審査委員紹介
ブランデッド・コミュニケーション部門
Juries-Branded Communication

ブランデッド・コミュニケーション部門
審査委員長

橋田 和明 Kazuaki Hashida
  • HASHI
    クリエイティブディレクター
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】
ADC / クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト / ACC / 12 Cannes Lions / 4 Adfest Grand Prix / D&AD イエローペンシル / NYADC / Oneshow / Clio / LIAA / PRアワードグランプリ/ 日経新聞広告賞 最優秀賞 / 毎日広告デザイン賞 最高賞など

【審査委員歴】
CANNES LIONS PR部門、SPIKES ASIA PROMO & DIRECT部門、ACC BC部門、YoutubeWorks Creative Effectiveness部門など

【主な作品・お仕事】
Yahoo! JAPAN「ちょうどこの高さ。」/「さわれる検索」、
サントリースピリッツ 翠 「それはまだ、流行っていない。」、資生堂企業広告「50 Selfies of Lady Gaga」など

プロフィール
1980年東京都北区赤羽生まれ。
2002年、東京大学経済学部卒業後、博報堂に入社。
ストラテジックプランニング局を経て、2006年に博報堂ケトル設立メンバーに。
2018年にHASHI inc.を設立。 現在は、PR視点で統合キャンペーンをつくるクリエイティブディレクターとして幅広い業務に従事。
審査委員長メッセージ
ブランデッド・コミュニケーション部門が生まれて4年目。
今年から審査委員長を拝命しましたが、部門のビジョンは変わりません。

ブランドや社会に真摯に向き合い、クリエイティビティを発揮して結果を出しているコミュニケーション(広告)をちゃんと褒めること。
同じ業界の仕事なのに部門やカテゴリーがないから褒められていない仕事や才能を発見して褒めること。
そして、業界の意識を高め、境界を越え、広告の未来をみんなで描くことを目指します。

今年は、そのための新たなチャレンジとして、ソーシャル・インフルーエンスカテゴリーを創設しました。ブランドのために創られた、ソーシャルメディアやデジタル上のコンテンツの優れたクリエイティビティや美しい設計、その拡散力を表彰します。

大きな変化の途中。
ただ、広告の未来みたいな大きなことの前に、私たちのブランドのための仕事は、日々続いていくわけで。
この環境下でなんとか実現させたみなさんの思いが詰まった仕事たちを、ぜひ応募してください。

ブランデッド・コミュニケーション部門
審査委員

COMING SOON
PAGE TOP