2021年審査委員紹介
フィルム部門
Juries-Film

フィルム部門 審査委員長

細川 美和子Miwako Hosokawa
  • DENTSU
    CREATIVE DIRECTOR/COPY WRITER
受賞歴/審査委員歴/主な作品・お仕事

【受賞歴】
カンヌゴールド、アドフェスグランプリ、ONE SHOW、ACCグランプリ、TCC、朝日広告賞グランプリ、日経広告大賞、フジサンケイグループ広告大賞、ギャラクシー賞など

【審査委員歴】
カンヌフィルム審査員、アドフェスフィルム審査員、スパイクスフィルム審査員、ACC審査員、TCC審査員など

【主な作品】
最近は、パンテーン「#この髪どうしてダメですか」、アテント 「常識をはきかえよう」、ニッセイ「小さな力は、大きな力だ。」、東京ガス「家族の絆」シリーズ、サントリーグリーンダ・カ・ラ「やさしいのがいちばん」、日向市「ヒュー!日向」、NHK「バビブベボディ」など。

プロフィール
2001年(株)電通入社。
言葉を中心に、企業や商品の志を長く深く広告することを目指しています。
審査委員長メッセージ
当たり前を、疑える時代へ。この1年はCOVID-19、東京オリンピック・パラリンピックの延期、SNSで可視化されたさまざまな分断、そして日本のジェンダー意識の低さがニュースになって世界をかけ巡るなど、今までの常識が急速にひっくり返る出来事を目撃し続ける日々だった。まだ先は見えず、重い負担を強いられている人々が数多くいる。それでも、今までの普通や決めつけられた役割を疑い、新しいチャレンジを始めるかつてないチャンスだとも、思う。思いたい。私たちは今、形骸化したルールから自由になれる大きな流れと向き合っていると思う。その時に広告が果たせる役割がきっとある。それは本来、広告が持っていた力だ。たった数十秒で、今までになかった概念を広く届ける力。予定された約束ではなく、予期せぬ出会いを提供する力。そして、ふれる前とふれた後で、物の見方を変えることができる力。効果効率の追求や炎上への忖度でシュリンクしていったその力が、今まで以上に役に立てる時代がきているのかもしれない。いや、そもそも広告自体も、本来の役割からもっと自由になってもいいのかもしれない。私たちに新しい視点を与えてくれる広告の応募を、楽しみにお待ちしています。

フィルム部門 審査委員

COMING SOON
PAGE TOP